金融ソジェン、第4四半期は82%減益

仏金融大手ソシエテジェネラルは8日、第4四半期(2017年10~12月)の純利益が6,900万ユーロとなり、前年同期比82.3%減少したと発表した。足元のフランスや米国の税制改革などに絡む特別損失を計上したことが響いた。 業務粗利益は3.2%増の63億2,300万ユーロ。国内リテール(小…

関連国・地域: フランス米国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

米仏、新たなイラン核合意を提案(04/26)

LVMHの眼鏡合弁、伊で生産量の拡大も(04/26)

失業者数、第1四半期は改善(04/26)

中国滴滴、ルノー・日産・三菱やVWと連合(04/26)

ポーランド郵便、配達用EVの試験開始(04/26)

ケリング、第1四半期は27%増収(04/26)

カルフール、システムUと共同調達向け協議(04/26)

トタルとアラムコ、給油所運営社買収も(04/26)

グループPSA、42.1%増収 ボクソールとオペルが底上げ(04/25)

バンシ、米英などの9空港を取得(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン