不動産カナリー、中国でフィンテック拠点

英国の不動産企業カナリー・ワーフ・グループは、中国・河北省で地場企業と共同でフィンテック産業の集積地となる「雄安金融科技城」を整備する。ニュースサイトの澎湃新聞が7日伝えた。 同フィンテック拠点は河北省保定市の新興開発地域、雄安新区に位置する。カナリー・ワーフ…

関連国・地域: 中国英国欧州アジア
関連業種: IT・通信金融・保険建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

EUと分野絞った関税同盟を=英経営者協会(02/19)

ロッテルダム港、貨物取扱量が過去最高に(02/19)

小売売上高、1月は0.1%増加(02/19)

ユーロ圏貿易収支、12月は黒字縮小(02/19)

「最も倫理的な企業」に欧州から17社(02/19)

IAG、航空旅客税の廃止を議会に要請(02/19)

フランス電力公社、通期は11.3%増益(02/19)

エーザイ、英当局が甲状腺がん治療薬を推奨(02/19)

BPの印ガス販売合弁、LNGの輸入開始(02/19)

ダイソン、印1号店をニューデリーに開設(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン