不動産カナリー、中国でフィンテック拠点

英国の不動産企業カナリー・ワーフ・グループは、中国・河北省で地場企業と共同でフィンテック産業の集積地となる「雄安金融科技城」を整備する。ニュースサイトの澎湃新聞が7日伝えた。 同フィンテック拠点は河北省保定市の新興開発地域、雄安新区に位置する。カナリー・ワーフ…

関連国・地域: 中国英国欧州アジア
関連業種: 金融建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

マドリード、旧式車両を一時的に通行禁止に(12/14)

アイルランド、第2党が政権協力延長を約束(12/14)

Ifo、向こう3年の成長見通し引き下げ(12/14)

スーパー売上高、直近12週間は2%増加(12/14)

英国に「確証」提示なるか 離脱協定で協議=EUサミット(12/14)

G4S、現金ソリューション事業の分離検討(12/14)

独高級車3社、11月もアウディの不調続く(12/14)

レボリュート、リトアニアで銀行免許を取得(12/14)

CoCo壱番屋、英国1号店がオープン(12/14)

旅行TUI、通期は4.1%増益(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン