不動産カナリー、中国でフィンテック拠点

英国の不動産企業カナリー・ワーフ・グループは、中国・河北省で地場企業と共同でフィンテック産業の集積地となる「雄安金融科技城」を整備する。ニュースサイトの澎湃新聞が7日伝えた。 同フィンテック拠点は河北省保定市の新興開発地域、雄安新区に位置する。カナリー・ワーフ…

関連国・地域: 中国英国欧州アジア
関連業種: IT・通信金融・保険建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

トルコ、非常事態宣言を18日に終了へ(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

スイスのABB、産業用ロボットの販売強化(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

スコットランドに英国初の宇宙船基地建設(07/17)

携帯電話メガフォン、ロンドン上場を廃止へ(07/17)

家電モーフィーリチャーズ、韓国に進出(07/17)

英国の移民純増数、昨年は28万人に増加(07/17)

トランプ米大統領が訪英 メイ首相、FTA締結に向け合意(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン