製薬GSK、第4四半期は14%減益

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は7日、第4四半期(2017年10~12月)の営業利益が5億1,200万ポンドとなり、前年同期比14%減少したと発表した。研究開発(R&D)費が増えたほか、ロイヤルティー収入が落ち込んだためだが、市場予想は上回った。 売上高は恒常為…

関連国・地域: 英国米国欧州
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テレフォニカ、第4四半期は5倍に増益(02/23)

GDP成長率、改定値は0.4% 伸びやや減速=第4四半期(02/23)

ライアンエアー、イースター休暇にストも(02/23)

レプソル、ガス・ナトゥラルの株式を売却(02/23)

欧州商用車登録台数、1月は8.2%増加(02/23)

英離脱後の移行期間、無期限の可能性も(02/23)

セントリカ、通期は17%減益=4千人整理へ(02/23)

仏ランバン、中国・復星国際が買収(02/23)

金融バークレイズ、通期は赤字転落(02/23)

たばこのBAT、通期は39%増益(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン