製薬サノフィ、第4四半期は17.1%減益

仏製薬大手サノフィは7日、第4四半期(2017年10~12月)の純利益が13億3,200万ユーロとなり、前年同期比17.1%減少したと発表した。フィリピンでのデング熱ワクチン「デングワクシア(Dengvaxia)」の買い戻しによる減損処理が響いた。 売上高は86億9,100万ユーロと、恒常為替レ…

関連国・地域: フランスアジア米国アフリカ中東中南米欧州
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品化学・石化金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

アクサ、UAE再保険会社の過半数株取得へ(07/19)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

石油トタル、印ITタタと技術開発で提携(07/19)

漢翔、エアバス小型機「A220」の部品受注(07/19)

ユーロ圏建設業生産、5月は0.3%増加(07/19)

仏競争委、小売業者の調達提携巡り調査(07/18)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

小売りカジノ、第2四半期は5.2%増収(07/18)

欧州新車登録、5.2%増加 6月として過去最高を記録(07/18)

エールフランスKLM、中国との合弁一本化(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン