フィリップスライティング、40.3%減益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスから分社化した照明機器世界最大手のフィリップスライティングは2日、第4四半期(2017年10〜12月)の純利益が3,800万ユーロとなり、前年同期比40.3%減少したと発表した。中東とトルコの市況が厳しく、特にサウジアラビアで逆…

関連国・地域: トルコオランダ米国中東
関連業種: 電機金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

蘭INGの豪事業、通年は15%増益(03/21)

【ウイークリー統計】第33回 起業率と個人事業主の満足度(03/21)

蘭で州議会選、連立与党は上院選で敗北濃厚(03/21)

PGE、バルト海での風力発電計画に着手(03/19)

蘭ユトレヒトで発砲事件、3人死亡(03/19)

JDスポーツ、フットアサイラムに買収提案(03/19)

アムステルダム、新築住居の賃貸禁止を提案(03/18)

EU、長期延期に条件提示も 英国の離脱延期申し入れ巡り(03/18)

ガスプロムバンク、ベネズエラ合弁株を売却(03/18)

ユーロ圏インフレ率、2月は1.5%=改定値(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン