フィリップスライティング、40.3%減益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスから分社化した照明機器世界最大手のフィリップスライティングは2日、第4四半期(2017年10〜12月)の純利益が3,800万ユーロとなり、前年同期比40.3%減少したと発表した。中東とトルコの市況が厳しく、特にサウジアラビアで逆…

関連国・地域: トルコオランダ米国中東
関連業種: 電機金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

蘭UNスタジオ、ハイパーループの構想提示(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

ユニリーバ、本社一本化巡り主要株主が反対(09/18)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.1%で横ばい(09/18)

イケア、世界5都市の宅配にEV導入へ(09/18)

ユーロスターの英従業員、2日間ストへ(09/18)

ブリティッシュ・スチール、400人整理(09/18)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で仮合意(09/17)

ユーロ圏貿易収支、7月は黒字縮小(09/17)

愛ライアンエアー、欧州5カ国で再びスト(09/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン