フィリップスライティング、40.3%減益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスから分社化した照明機器世界最大手のフィリップスライティングは2日、第4四半期(2017年10〜12月)の純利益が3,800万ユーロとなり、前年同期比40.3%減少したと発表した。中東とトルコの市況が厳しく、特にサウジアラビアで逆…

関連国・地域: トルコオランダ米国中東
関連業種: 経済一般・統計電機金融・保険商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

化学ライオンデルバセル、米同業を買収へ(02/21)

蘭政府、英のEU離脱で税関職員を大幅増員(02/20)

ロッテルダム港、貨物取扱量が過去最高に(02/19)

ユーロ圏貿易収支、12月は黒字縮小(02/19)

航空エールフランスKLM、通期は赤字転落(02/19)

特殊化学DSM、通期は15%増益(02/16)

ユーロ圏成長率、0.6%に減速 ドイツも減速=2次速報値(02/15)

ユニクロ、オランダ1号店を今秋開設(02/15)

蘭上院、臓器提供登録の拡大に向け法案可決(02/15)

自動車リースのリースプラン、6月に上場へ(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン