フィリップスライティング、40.3%減益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスから分社化した照明機器世界最大手のフィリップスライティングは2日、第4四半期(2017年10〜12月)の純利益が3,800万ユーロとなり、前年同期比40.3%減少したと発表した。中東とトルコの市況が厳しく、特にサウジアラビアで逆…

関連国・地域: トルコオランダ米国中東
関連業種: 電機金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

INRIXとヒア、モビリティー技術で提携(12/11)

オランダ、航空券に一律7ユーロの課税検討(12/11)

RBS、ブレグジットで蘭に一部資産移管も(12/10)

EUの航空旅客数、昨年は7.3%増加(12/10)

ユニバージー、ジンバブエで太陽光発電所(12/07)

伊マフィアのンドランゲタ、欧州で一斉摘発(12/07)

米食品医薬局、欧州拠点をオランダに移転へ(12/07)

帝人、蘭IT新興企業の株式20%を取得(12/06)

英民間航空局、ライアンエアーに法的措置(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン