製紙UPMキュンメネ、通期は13%増益

フィンランドの製紙・製材大手UPMキュンメネ(Kymmene)は1月31日、2017年12月期のEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)が12億9,200万ユーロとなり、前期比13%拡大したと発表した。良好な市況が追い風となったほか、投資拡大や投入コスト上昇の軽減が奏功した。 …

関連国・地域: フィンランド
関連業種: 経済一般・統計化学・石化製造一般天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第12回 スポーツ用品の輸出入とスポーツ施設(06/21)

ノキア、韓国社と5G単独データ送信に成功(06/20)

フォータムのウニパー買収、欧州委が承認(06/19)

フォータム、ロシアで太陽光発電施設を受注(06/15)

【ウイークリー統計】第11回 森林と人工構造物で見る土地被覆(06/14)

中東欧からGCC加盟国へのフライトが急増(06/12)

ネステ、イケアとの廃油利用事業が試験展開(06/12)

労働コスト、第1四半期は2.3%上昇(06/12)

フォータム、エレニアと蓄電池の活用で提携(06/11)

ノキア、デジタルヘルス事業の売却を完了(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン