サンタンデール、第4四半期は3.5%減益

スペイン金融最大手のバンコ・サンタンデールは1月31日、第4四半期(2017年10~12月)の純利益が15億4,200万ユーロとなり、前年同期比3.5%減少したと発表した。主力市場のブラジルを中心に中南米が力強く伸びたものの、米国事業の評価損が響いた。 収入の柱となる資金運用収支…

関連国・地域: 英国スペイン米国中南米欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

ユーロ圏建設業生産、7月は0.3%増加(09/20)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.1%で横ばい(09/18)

墺伊内相、救助船上での難民申請処理を提案(09/18)

西サンタンデール、イングランドに新拠点(09/18)

旅行情報サイトの偽レビュー、伊で実刑判決(09/17)

VWの世界販売、6.8%増加 全ブランドで前年超え=8月(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン