サンタンデール、第4四半期は3.5%減益

スペイン金融最大手のバンコ・サンタンデールは1月31日、第4四半期(2017年10~12月)の純利益が15億4,200万ユーロとなり、前年同期比3.5%減少したと発表した。主力市場のブラジルを中心に中南米が力強く伸びたものの、米国事業の評価損が響いた。 収入の柱となる資金運用収支…

関連国・地域: 英国スペイン米国中南米欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

骨検査による難民の年齢判定、仏で合憲判断(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

スペイン製造業受注、1月は0.9%増加(03/22)

幸福度調査、フィンランドが2年連続首位(03/22)

【ウイークリー統計】第33回 起業率と個人事業主の満足度(03/21)

キングフィッシャー、13%減益=CEO退任(03/21)

欧州司法裁、移民の到着国への送還認める(03/21)

ドイツで5G通信網の入札開始(03/20)

PGE、バルト海での風力発電計画に着手(03/19)

ユーロ圏貿易収支、1月は黒字縮小(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン