サンタンデール、第4四半期は3.5%減益

スペイン金融最大手のバンコ・サンタンデールは1月31日、第4四半期(2017年10~12月)の純利益が15億4,200万ユーロとなり、前年同期比3.5%減少したと発表した。主力市場のブラジルを中心に中南米が力強く伸びたものの、米国事業の評価損が響いた。 収入の柱となる資金運用収支…

関連国・地域: 英国スペイン米国中南米欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マドリード、旧式車両を一時的に通行禁止に(12/14)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第30回 ゴーン失脚、連合の支配権争いの行方(12/14)

独高級車3社、11月もアウディの不調続く(12/14)

欧州一般裁、実走時排ガス基準を無効化(12/14)

環境に優しい航空会社、英TUIエアが首位(12/14)

スペイン、最低賃金を22%引き上げへ(12/13)

VW、2022年にトルコに新工場開設(12/13)

ウニカハとリベルバンク、合併に向け協議(12/13)

インディテックス、2~10月期は4%増益(12/13)

ビールのマオウ、印ベンガルールに参入(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン