サンタンデール、第4四半期は3.5%減益

スペイン金融最大手のバンコ・サンタンデールは1月31日、第4四半期(2017年10~12月)の純利益が15億4,200万ユーロとなり、前年同期比3.5%減少したと発表した。主力市場のブラジルを中心に中南米が力強く伸びたものの、米国事業の評価損が響いた。 収入の柱となる資金運用収支…

関連国・地域: 英国スペイン米国中南米欧州
関連業種: 経済一般・統計金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

欧州中銀副総裁にデギンドス氏を推薦(02/21)

西セプサ、アブダビ海底油田の権益取得(02/20)

ユーロ圏建設業生産、12月は0.1%増加(02/20)

VWの世界販売、1月は10.1%増加(02/19)

ユーロ圏貿易収支、12月は黒字縮小(02/19)

スマートウイングス、新たに2路線就航へ(02/19)

IAG、航空旅客税の廃止を議会に要請(02/19)

「最も倫理的な企業」に欧州から17社(02/19)

欧州新車登録、7.1%増加 フランス勢が好調=1月(02/16)

欧州のお薦め観光地、首位はウロツワフ(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン