総合電機シーメンス、第1四半期は12%増益

独総合電機大手シーメンスは1月31日、第1四半期(2017年10~12月)の純利益が22億1,100万ユーロとなり、前年同期比12%増加したと発表した。再生可能エネルギーや鉄道、産業用ロボットといった分野での需要拡大が追い風となった。 売上高は3%増の198億2,300万ユーロ。風力発電…

関連国・地域: ドイツスペイン
関連業種: 電機医療・医薬品その他製造建設・不動産運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

独経常黒字、3年連続で首位 財政政策への批判高まる恐れ(08/21)

独経済、第3四半期はやや鈍化も=連銀月報(08/21)

石油トタル、イランから正式に撤退へ(08/21)

独政府、高技能労働者確保で移民法改正も(08/21)

ユーロ圏建設業生産、6月は0.2%増加(08/21)

生産者物価、7月は3%上昇(08/21)

ドイツ銀、ノーブルの債券買い取りに着手(08/21)

シーメンス、オーストリア国鉄に列車を供給(08/21)

コンチ、超音波による車高調整センサー開発(08/21)

BMW、韓国で同国最大のリコール実施(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン