VW、サルを使った実験で渉外責任者停職

独自動車大手3社が出資していた研究組織「運輸セクターにおける環境と健康に関する欧州研究グループ(EUGT)」が、サルや人間を実験台に排ガスの健康への影響を調査していた問題で、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は30日、社外対応・持続可能責任者のトーマス・シュ…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車医療・薬品製造一般運輸・倉庫社会・事件雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

ディーゼル車の乗り入れ規制、実施に青信号(05/21)

生産者物価、4月は2%上昇(05/21)

プーマ、NY5番街に旗艦店開設へ(05/21)

高級車アウディ、中国で66万台をリコール(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

最高裁、ビールの健康増進うたう広告を禁止(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン