VW、サルを使った実験で渉外責任者停職

独自動車大手3社が出資していた研究組織「運輸セクターにおける環境と健康に関する欧州研究グループ(EUGT)」が、サルや人間を実験台に排ガスの健康への影響を調査していた問題で、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は30日、社外対応・持続可能責任者のトーマス・シュ…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品その他製造運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

CSUが歴史的大敗 バイエルン州議会選、過半数失う(10/16)

ドイツの移民流入数、昨年は155万人(10/16)

シーメンスガメサ、台湾社と部品調達で提携(10/16)

バイヤスドルフ、新CEOにドロエケル氏(10/16)

BMWなど、EV電池の持続可能性巡り提携(10/16)

英パープルブリックス、独不動産市場に進出(10/16)

MANの印撤退、販売業者が補償を要求(10/16)

ドイツ南西部で軽飛行機が墜落、3人死亡(10/16)

政府、PHVの補助金撤廃へ ゼロ排出車の振興に軸足移行(10/15)

マグナ、チェコにBMW向け座席工場を開設(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン