VW、サルを使った実験で渉外責任者停職

独自動車大手3社が出資していた研究組織「運輸セクターにおける環境と健康に関する欧州研究グループ(EUGT)」が、サルや人間を実験台に排ガスの健康への影響を調査していた問題で、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は30日、社外対応・持続可能責任者のトーマス・シュ…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品その他製造運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

Ifo、向こう3年の成長見通し引き下げ(12/14)

加リナマー、ハンガリーに新工場開設へ(12/14)

スーパー売上高、直近12週間は2%増加(12/14)

ノバレス、ポルトガル工場で新表面加工技術(12/14)

独高級車3社、11月もアウディの不調続く(12/14)

レボリュート、リトアニアで銀行免許を取得(12/14)

アウディ、ショット氏をCEOに正式任命(12/14)

FCA、中国・騰訊とつながる車で戦略提携(12/14)

小売りメトロ、通期は5.9%増益(12/14)

欧州一般裁、実走時排ガス基準を無効化(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン