独社出資の研究機関、サルや人で排ガス試験

独自動車大手3社が出資する研究組織「EUGT」が、ディーゼル車の排気ガスが健康に与える影響を調査する目的で、サルや人間を試験に使っていたことが分かった。EUGTの報告書を元に、南ドイツ新聞などが28日伝えた。 EUGTは独自動車大手のダイムラー、BMW、フォルク…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

チェコの乗用車生産、1~11月は2.9%増加(12/18)

独自動車産業、回復期待が後退=連銀月報(12/18)

ユーロ圏インフレ率、11月は1.9%=改定値(12/18)

独政府、EU域外企業の出資規制を強化へ(12/18)

SSE、Nパワーとの事業統合を断念(12/18)

決済システムPSP、マスターカードと提携(12/18)

ユーロ圏貿易収支、10月は黒字縮小(12/18)

VW世界販売、11月は5.4%減(12/18)

電通、動画広告サービスのビデオビート買収(12/18)

カタール、ドイツ銀への出資比率引き上げか(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン