独社出資の研究機関、サルや人で排ガス試験

独自動車大手3社が出資する研究組織「EUGT」が、ディーゼル車の排気ガスが健康に与える影響を調査する目的で、サルや人間を試験に使っていたことが分かった。EUGTの報告書を元に、南ドイツ新聞などが28日伝えた。 EUGTは独自動車大手のダイムラー、BMW、フォルク…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車製造一般社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アウディ、ハンガリーにR&Dセンター設置(02/21)

連立是非巡る党員投票開始 SPD、3月4日に結果公表(02/21)

スイスの時計輸出、1月は12.6%拡大(02/21)

【欧州企業よもやま話】第237回・オペル ドイツ自動車業界の“旧”最大手(02/21)

AfDの支持率、初めてSPDを上回る(02/21)

欧州中銀副総裁にデギンドス氏を推薦(02/21)

ZEW景気期待指数、2月は低下(02/21)

テスラの「モデルS」、欧州販売で独勢超え(02/21)

ハイデルベルグセメント、35.4%増益(02/21)

生産者物価、2.1%上昇=過去1年超で最低(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン