ソフトウェアAG、第4四半期は9%増益

企業向けソフトウエア開発で独2位のソフトウェア・エー・ジー(AG)は25日、第4四半期(2017年10~12月)のEBITA(利払い・税引き前・償却前利益、特別損益除く)が9,840万ユーロとなり、前年同期比9%増加したと発表した。 売上高は2%増の2億6,840万ユーロ。同社が…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

レオ、プラハ―ベルリン間で列車運行を計画(02/22)

ドイツ銀、3月にも資産運用部門を上場へ(02/22)

2月は予想上回る低下 ユーロ圏総合PMI速報値(02/22)

ブルガリアの対内FDI、昨年は36.7%増加(02/22)

ブルガリアなど、シェンゲン圏入りに意欲(02/22)

建設ホッホティーフ、通期は25%増益(02/22)

欧州委、自動車輸送カルテルで5社に罰金(02/22)

伊政府、世論形成の活動に警鐘=総選挙前に(02/22)

ドイツの不動産価格、2017年がピークか(02/22)

日立産業制御、独IAVと自動車技術で協力(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン