EU、租税回避地リストから8カ国を除外

欧州連合(EU)は23日に開いた財務相理事会で、昨年12月に承認したタックスヘイブン(租税回避地)のブラックリストから、パナマや韓国、アラブ首長国連邦(UAE)など8カ国を除外することで合意した。これらの国が提示した是正措置がEUの基準を満たしていると判断したため…

関連国・地域: EUブルガリアアジア米国アフリカ中東中南米
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

国境問題で合意に至らず 英国とEU、サミット前に会談も(10/16)

ドイツの移民流入数、昨年は155万人(10/16)

AGCとパナソニック、欧州向けガラス開発(10/16)

ジャガー、EVに接近通報装置を装備(10/16)

【今週の主な予定】10月15~19日(10/15)

伊上下院、財政赤字目標など定めた計画承認(10/15)

VW世界販売、9月は18%減 WLTP導入で西欧に打撃(10/15)

アルセロール、英リバティーに資産売却へ(10/15)

メイ首相、恒久的な関税同盟残留を否定(10/15)

ユーロ圏鉱工業生産、8月は1%増加(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン