FCA、米ミシガン工場に10億ドル投資へ

伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、米ミシガン州のウォーレン(Warren)工場に10億ドルを追加投資する方針だ。大型ピックアップ「ラム(Ram)」の生産をメキシコから同工場に移管するためで、トランプ米大統領の税制改革や通商政策による影響を…

関連国・地域: イタリア米国中南米カナダ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

伊国鉄、アリタリア航空買収で米英社と協議(02/15)

トルコ自動車生産、1月は11.6%減少(02/15)

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

<連載コラム・環境フォーカス>第31回 循環型経済で世界主導目指すEU(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

独高級車3社、1月はBMWが好調(02/15)

シェル、エジプトで油ガス権益を取得(02/15)

通信機器企業の規制強化支持 独内相、中国企業のスパイ疑惑で(02/14)

アベルティス、通信衛星事業を売却(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン