医療用大麻、独で費用償還請求が1万件突破

ドイツで健康保険組合への医療用大麻の費用償還請求が増加傾向にある。医療目的での大麻の使用が合法化されて以来、1万3,000件を突破した。独紙ライニッシェ・ポストが10日に発表した調査結果から、こうした実態が明らかになった。 同紙は、独最大の健康保険組合である地域健康保…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

チェコの乗用車生産、1~5月は横ばい(06/22)

ダイムラー、通期見通し下げ 米中摩擦による輸出減見越し(06/22)

川崎重工、ABBとインターフェース開発(06/22)

独仏、EU内の法人税制調和で共同提案へ(06/22)

商用車オトカ、ワルシャワからバス受注(06/22)

タイヤのコンチ、パワートレイン部門上場か(06/22)

シーメンス、事業再編策を8月に公表へ(06/22)

ドイツ銀、米外為不正操作で罰金2億ドル(06/22)

三菱商事、英で送電事業の優先交渉権を獲得(06/22)

大陽日酸、リンデと米プラクスエアの資産取得か(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン