医療用大麻、独で費用償還請求が1万件突破

ドイツで健康保険組合への医療用大麻の費用償還請求が増加傾向にある。医療目的での大麻の使用が合法化されて以来、1万3,000件を突破した。独紙ライニッシェ・ポストが10日に発表した調査結果から、こうした実態が明らかになった。 同紙は、独最大の健康保険組合である地域健康保…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

【欧州企業よもやま話】第269回:ヘラー 次世代車の未来照らす(12/12)

ダンスケ銀、スウェーデンの年金事業を売却(12/12)

EV電池調達に200億ユーロ ダイムラー、2030年までに投資(12/12)

フォード、欧州事業の再編に着手(12/12)

米金属部品タワー、欧州事業をFSDに売却(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

ZEW景気期待指数、12月は改善(12/12)

BDI、企業に合意なし離脱の備え呼び掛け(12/12)

カールツァイスメディテック、9%増益(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン