シュコダ、印に向こう3年で20億ユーロ投資

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のチェコ子会社シュコダ・オートは、インド事業に向こう3年で10億~20億ユーロを投じる計画だ。現地調達率を引き上げるほか、エンジニアリングセンターを設置する。ビジネス・スタンダードが伝えた。 シュコダの2017年の同国での販売台数…

関連国・地域: インド欧州チェコアジア
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ商議所、ウクライナ人受け入れ増要求(10/22)

米スターバックス、欧州4カ国の経営移管(10/22)

出版アルバトロス、競合パンテオンを買収(10/19)

ルモンド、大株主がチェコ実業家に株売却も(10/19)

自動車部品ラバ、シートカバー工場を開所(10/18)

ビールの米モルソン、ハンガリー工場を拡張(10/15)

アルセロール、英リバティーに資産売却へ(10/15)

マグナ、チェコにBMW向け座席工場を開設(10/15)

VW世界販売、9月は18%減 WLTP導入で西欧に打撃(10/15)

パナソニック、チェコで温水暖房機を生産(10/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン