ドイツ銀、ECBが自己資本基準を引き上げ

独金融最大手ドイツ銀行は4日、2018年の「バーゼル3」段階適用時の普通株式等ティア1レシオ(自己資本比率)を10.65%以上に維持するよう欧州中央銀行(ECB)から求められたと明らかにした。 この最低基準は、2017年の銀行監督上の検証・評価プロセス(SREP)に基づいて…

関連国・地域: ドイツEUイタリア
関連業種: 金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

ビエドロンカ、宅配ロッカー大手と提携(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

トールコレクト、工期遅れ巡り政府と和解(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

家電量販セコノミー、第2四半期は黒字復帰(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

送電ナショナル・グリッド、通期は6%減益(05/18)

建設業の成長率、今年は6%を予想(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン