鋼管BT―SVAP、比で工場新設を検討

石油導管に使用される鋼管などの製造を手掛けるロシアのBT―SVAPは、フィリピンのバターン州マリベレスに工場を新設する計画だ。地元紙マニラタイムズなどが伝えた。 同社のイゴル・シャポリン会長は昨年12月、フィリピンの政府高官と会談し、製品の輸送などに便利なマリベ…

関連国・地域: フィリピンロシアロシアアジア
関連業種: 経済一般・統計鉄鋼・金属天然資源金融・保険建設・不動産雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア鉱工業生産、4月は1.3%増加(05/24)

露政府、ガソリンとディーゼル燃料を減税へ(05/24)

ロシア、イランと議会経済委員会を設立(05/24)

飲料アンバー、豪の大手卸売業者を買収(05/23)

日露、WTOに米鉄鋼関税への対抗措置通知(05/23)

日立、露車両製造TMHと合弁設立(05/23)

スウェーデン、有事対応マニュアルを公開(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

墜落事故のサラトフ航空、5月末に営業停止(05/21)

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン