日・EUのEPA、GDPを1%押し上げか

日本政府は21日、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)発効により、日本の国内総生産(GDP)が年率で実質1%押し上げられるとの推計を発表した。 8日に交渉が妥結した日・EUのEPAは、2019年前半の発効が見込まれている。政府は、これによる経済効果が十分に発揮…

関連国・地域: EUアジア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信食品・飲料農林・水産金融・保険商業・サービス雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

野党・社会民主党、 新党首にハマチェク氏(02/20)

ラトビア中銀総裁、賄賂受領の疑いで捜査(02/20)

JPモルガン、ワルシャワ拠点の雇用開始(02/20)

蘭政府、英のEU離脱で税関職員を大幅増員(02/20)

欧州鉄鋼協会が米国に懸念 商務省が輸入規制の導入提言(02/20)

ユーロ圏建設業生産、12月は0.1%増加(02/20)

オルバン首相、総選挙前に反移民色強める(02/20)

独経済は年初から極めて好調=連銀月報(02/20)

【欧州環境トピックス】第176回:1月22日~2月4日(1)(02/20)

【欧州環境トピックス】第176回:1月22日~2月4日(2)(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン