日・EUのEPA、GDPを1%押し上げか

日本政府は21日、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)発効により、日本の国内総生産(GDP)が年率で実質1%押し上げられるとの推計を発表した。 8日に交渉が妥結した日・EUのEPAは、2019年前半の発効が見込まれている。政府は、これによる経済効果が十分に発揮…

関連国・地域: EUアジア
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料農林・水産IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・自動車産業インサイト>第27回 マルキオンネ氏の正と負の遺産(後編)(08/20)

ギリシャ、財政支援を脱却=国際市場復帰へ(08/20)

トルコ財務相、資本統制の可能性を否定(08/20)

電子たばこの規制緩和へ 英国、禁煙の手段として処方も(08/20)

PKNオルレン、リトアニアで設備新設へ(08/20)

【今週の主な予定】8月20~24日(08/20)

ユーロ圏インフレ率、7月は改定値も2.1%(08/20)

【欧州における日本企業の動向】7月16~29日(1)(08/20)

【欧州における日本企業の動向】7月16~29日(2)(08/20)

ブルガリアGDP、第2四半期は3.4%(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン