鉄鋼ミタル、印社と自動車鋼材で合弁へ

鉄鋼で世界最大手のアルセロールミタル(ルクセンブルク)は、インド鉄鋼公社(SAIL)と自動車用鋼材の合弁事業を立ち上げる計画だ。実現すれば、年産能力が最大250万トンの工場が設置される見通し。 両社は12日、法的拘束力のない合意を締結することを決定。今後は財務面の詳…

関連国・地域: インド英国欧州ルクセンブルク
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

欧州一汚職の少ない国、再びデンマークに(02/23)

通信オレンジ、通期は2.2%増益(02/22)

星フレイザーズ、欧州の物流不動産を取得(02/20)

ティッセンクルップ、10倍弱に増益(02/15)

ユーロ圏鉱工業生産、12月は0.4%増加(02/15)

アルセロール、印エッサールに買収提案(02/14)

家電量販セコノミー、第1四半期は49%減益(02/12)

欧州司法裁、「赤い靴底」の商標権認めず(02/08)

米アマゾン、仏国税当局と和解(02/06)

ユーロ圏小売売上高、12月は1.1%減少(02/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン