エールフランス、台湾・桃園便を再就航へ

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは、2018年4月16日にパリ・シャルルドゴール空港と台湾・桃園国際空港を結ぶ定期便の運航を20年ぶりに再開する計画だ。経済日報が伝えた。 当面は週3便の運航を予定しているが、両国の航空当局は将来的に週7便に増やすことで合意してい…

関連国・地域: 台湾欧州フランスアジア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

南ア・ナスパーズ、ネット事業を蘭で上場へ(03/26)

習国家主席がパリで首脳会談 エアバス機など15件の取引締結(03/26)

EDF、石炭火力発電をバイオマス転換も(03/26)

仏「黄色いベスト」運動、4万人超が参加(03/26)

米ナイキ、サッカー・ライセンス事業で罰金(03/26)

日立造船、英でごみ焼却発電プラント建設へ(03/26)

骨検査による難民の年齢判定、仏で合憲判断(03/25)

エシロールルクソティカ、経営権巡り内紛(03/25)

市民権取得時の仏語試験、難易度引き上げへ(03/25)

3月は51.3に低下 ユーロ圏総合PMI速報値(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン