エールフランス、台湾・桃園便を再就航へ

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは、2018年4月16日にパリ・シャルルドゴール空港と台湾・桃園国際空港を結ぶ定期便の運航を20年ぶりに再開する計画だ。経済日報が伝えた。 当面は週3便の運航を予定しているが、両国の航空当局は将来的に週7便に増やすことで合意してい…

関連国・地域: 台湾欧州フランスアジア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

ヴァレオとワブコ、センサー技術開発で覚書(09/20)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

マクロン大統領、地方の病院への支援拡大(09/20)

ユーロ圏建設業生産、7月は0.3%増加(09/20)

キングフィッシャー、上半期は14.8%減益(09/20)

ルノー・日産・三菱、グーグルと技術提携(09/19)

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

重電アルストム、上海地下鉄にシステム供給(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

コロン仏内相、リヨン市長選出馬で退任へ(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン