復興金融公庫、会長が年内退任か

国営金融機関であるドイツ復興金融公庫(KfW)のウルリヒ・シュレーダー最高経営責任者(CEO、65)は、健康上の理由により12月31日付で辞任する意向だ。独経済紙ハンデルスブラットが6日伝えた。 同氏は2008年9月にCEOに就任し、2020年まで任期が残っている。しかし、…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

独経済、第2四半期は縮小も=連銀月報(07/23)

BA、安全上の懸念でカイロ便を7日間停止(07/23)

独国防相、国防費拡大も=対GDP比2%(07/23)

アウディ、VRで新型EVの組立工程テスト(07/23)

BMW、中国合弁の全工場で5G導入(07/23)

オペル、イスラエルの輸入業者と独占契約(07/23)

HBPO、西部にモジュール工場新設(07/23)

ルフトハンザ、整備部門が比で施設拡張(07/23)

VW、印の生産率を92%に引き上げ目指す(07/23)

BMW、ツィプセ取締役を新CEOに指名(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン