復興金融公庫、会長が年内退任か

国営金融機関であるドイツ復興金融公庫(KfW)のウルリヒ・シュレーダー最高経営責任者(CEO、65)は、健康上の理由により12月31日付で辞任する意向だ。独経済紙ハンデルスブラットが6日伝えた。 同氏は2008年9月にCEOに就任し、2020年まで任期が残っている。しかし、…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

CSUが歴史的大敗 バイエルン州議会選、過半数失う(10/16)

ドイツの移民流入数、昨年は155万人(10/16)

シーメンスガメサ、台湾社と部品調達で提携(10/16)

バイヤスドルフ、新CEOにドロエケル氏(10/16)

BMWなど、EV電池の持続可能性巡り提携(10/16)

英パープルブリックス、独不動産市場に進出(10/16)

MANの印撤退、販売業者が補償を要求(10/16)

ドイツ南西部で軽飛行機が墜落、3人死亡(10/16)

政府、PHVの補助金撤廃へ ゼロ排出車の振興に軸足移行(10/15)

マグナ、チェコにBMW向け座席工場を開設(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン