肥料ヤラ、価格低迷もタイ事業増収へ

ノルウェーの肥料大手ヤラ・インターナショナルは、今年のタイ事業で5~10%の増収を確保できるとの見方を示した。窒素肥料価格が過去9年で最低水準となっているものの、販売量の増加や農家向けのサービス拡充などで売り上げを伸ばしているため。バンコクポストが6日伝えた。 …

関連国・地域: タイ欧州ノルウェーアジア
関連業種: 経済一般・統計化学・石化農林・水産金融・保険商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

東部の天然ガス施設で爆発=1人死亡(12/13)

北海最大級の石油導管に亀裂=一時閉鎖へ(12/13)

スタットオイル、星社からFPSOを受注(12/11)

建設スカンスカ、副社長を次期CEOに指名(12/08)

ノルウェー政府基金、東京の不動産に初投資(12/08)

格安航空3社の輸送実績、11月も好調維持(12/08)

肥料ヤラ、価格低迷もタイ事業増収へ(12/07)

スタットオイル、バレンツ海で新油田開発へ(12/06)

EUやロシア、北極海中央部の漁業禁止へ(12/05)

ノルスク・ヒドロ、低炭素アルミ製品を投入(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン