ギリシャ、2018年に3種類の国債発行も

ギリシャ政府は、来年初めに7年物国債を発行し、国際資本市場に本格復帰することを検討しているもようだ。市況が良好なら、7月までに3年物と10年物の国債も追加で発行する方針という。同国の2018年の資金調達計画策定に関与している関係者の話として、フィナンシャルタイムズが…

関連国・地域: 英国EUギリシャ米国
関連業種: 金融サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ議会、チプラス政権の信任投票可決(01/18)

ユーロ圏インフレ率、12月は1.6%=改定値(01/18)

チプラス政権、連立崩壊で16日に信任投票へ(01/15)

【ウイークリー統計】第28回 発泡ワインの輸出入量とアルコール飲料への支出(01/10)

トルコ、イラン産原油の輸入再開=関係者(01/10)

ユーロ圏失業率、11月は過去10年で最低(01/10)

地中海経由の難民流入数、西が伊抜き首位に(01/09)

ギリシャの寒波、少なくとも3人死亡(01/08)

伊仏西国債、ECB購入終了で買い手必要に(01/07)

スペイン、年初の2日間で400人の難民救出(01/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン