スペイン北西部で狂牛病確認

世界動物保健機関(OIE)は、スペイン北西部カスティーリャ・イ・レオン州サラマンカ(Salamanca)でBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)の感染が確認されたと発表した。今年3月にも感染が報告されていた。 OIEによると、10日に実施された定期検査で感染が判明。牛は殺処分され…

関連国・地域: 英国スペイン
関連業種: 食品・飲料農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏貿易収支、6月は黒字縮小(08/17)

フィンテックの新興企業、1億ドルを調達(08/17)

アルジェリア、スペインと伊エニにガス供給(08/17)

【ウイークリー統計】第18回 ビールの生産量と輸出入量(08/16)

アクアリウス号の難民、5カ国で受け入れへ(08/16)

金融RBS、顧客満足度で最下位に(08/16)

ユーロ圏成長率、横ばいの0.4% ドイツは加速=2次速報値(08/15)

中銀、リラ急落受け流動性の供給を表明(08/14)

EU、米国産LNGの輸入拡大をアピール(08/14)

欧州支店の所有権を愛に移管 バークレイズ、ブレグジットに備え(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン