スペイン北西部で狂牛病確認

世界動物保健機関(OIE)は、スペイン北西部カスティーリャ・イ・レオン州サラマンカ(Salamanca)でBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)の感染が確認されたと発表した。今年3月にも感染が報告されていた。 OIEによると、10日に実施された定期検査で感染が判明。牛は殺処分され…

関連国・地域: 英国スペイン
関連業種: 食品・飲料農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

インダストリアス・ゴル、韓国社が出資(05/21)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.3%減少(05/18)

【ウイークリー統計】第7回 原子力発電と輸送部門の再生可能エネ導入(05/17)

NHホテル、中国の海航集団が保有株売却へ(05/16)

ユーロ圏成長率、0.4%に減速 ドイツも減速=2次速報値(05/16)

カタルーニャ州議会、独立派の新首相を承認(05/15)

電力EDP、中国・三峡集団が買収提案(05/15)

アイルランド中部で小型機墜落、2人死亡(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン