スペイン北西部で狂牛病確認

世界動物保健機関(OIE)は、スペイン北西部カスティーリャ・イ・レオン州サラマンカ(Salamanca)でBSE(牛海綿状脳症=狂牛病)の感染が確認されたと発表した。今年3月にも感染が報告されていた。 OIEによると、10日に実施された定期検査で感染が判明。牛は殺処分され…

関連国・地域: 英国スペイン
関連業種: 食品・飲料農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

スペイン製造業受注、9月は3.4%減少(11/22)

ユーロ圏経済見通し引き下げ 英は据え置き=OECD(11/22)

キングフィッシャー、露など3市場から撤退(11/22)

鉄道車両タルゴ、スコットランドに工場建設(11/22)

VW世界販売、10月は10%減 WLTPの影響続き西欧低調(11/21)

西政府、ジブラルタル巡り離脱協定案に難色(11/21)

バルセロナ近郊で脱線事故、1人死亡(11/21)

世界のワイン生産量、過去18年で最高水準に(11/21)

VW、新技術に440億ユーロ 自動運転やEVへ=新投資計画(11/19)

サッカーのAマドリード前本拠地取り壊しへ(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン