米商務省、ロシア産鉄鋼に反ダンピング関税

米国の商務省は21日、ロシアとベラルーシ、アラブ首長国連邦(UAE)産の炭素・合金鋼線材が米国で不当に安く販売されているとして、反ダンピング(不当廉売)関税を適用すると発表した。税率はロシア産が最も高く、436.8~756.93%が課される。ベラルーシ産には280.02%、UAE…

関連国・地域: EUロシアウクライナベラルーシ米国中東中南米
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ロシアの失業率、10月は4.7%に悪化(11/22)

ガスプロムネフチ、南スーダンで油田探査へ(11/22)

キングフィッシャー、露など3市場から撤退(11/22)

露ロイヤル・フライト、来春に台北線就航へ(11/22)

VW世界販売、10月は10%減 WLTPの影響続き西欧低調(11/21)

カマズ、新モデル開発で95億ルーブルを調達(11/21)

ロシアの乗用車生産、10月は6.8%増加(11/21)

A・ミタルと新日鉄住金、印社買収で承認(11/20)

グループIB、星に国際事業本部を開設へ(11/20)

ロシア鉱工業生産、10月は3.7%増加(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン