米商務省、ロシア産鉄鋼に反ダンピング関税

米国の商務省は21日、ロシアとベラルーシ、アラブ首長国連邦(UAE)産の炭素・合金鋼線材が米国で不当に安く販売されているとして、反ダンピング(不当廉売)関税を適用すると発表した。税率はロシア産が最も高く、436.8~756.93%が課される。ベラルーシ産には280.02%、UAE…

関連国・地域: EUロシアウクライナベラルーシ米国中東中南米
関連業種: 経済一般・統計鉄鋼・金属政治


その他記事

すべての文頭を開く

ロシアの失業率、1月は5.2%に悪化(02/21)

国際協力銀行、露極東に開発促進会社を設立(02/21)

デリパスカ氏、En+とルスアルの社長辞任(02/21)

ロシア鉱工業生産、1月は2.9%増加(02/20)

欧州鉄鋼協会が米国に懸念 商務省が輸入規制の導入提言(02/20)

ロシア郵便、マグニトと食品配達で提携(02/20)

R・ロイス、2030年までに小型原子炉を完成(02/20)

露ダゲスタン共和国の教会で襲撃、5人死亡(02/20)

VTB、スーパーのマグニト株式29%を取得(02/19)

ルノー、通期は47%増益 取締役会がゴーンCEO再任(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン