仏PSA、ロシアで6千台超をリコール

仏自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)は、ロシアで6,056台をリコール(無料の回収・修理)する。トランクハッチのダンパーとフロントガラス用ワイパーに欠陥がある恐れがあるため。連邦技術規則・計量庁(Rosstandart)が23日、明らかにした。 対象と…

関連国・地域: フランスロシア
関連業種: 自動車・二輪車その他製造小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

ロシアのインフレ率、12月は4.3%に加速(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収(01/18)

ロシア、白金鉱床の開発でジンバブエと合意(01/17)

ドイツ銀、ダンスケ銀巡り2度目の内部調査(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

ダイヤのアルロサ、ジンバブエで生産再開へ(01/16)

PSAの販売台数、通期は6.8%増加(01/16)

露国民の53%、メドベージェフ政権に不満(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン