海運マースク、インドに新定期便を就航へ

デンマークの海運大手APモラー・マースクのコンテナ輸送部門マースクラインは、インド西部グジャラート州のピパバブ港で新たな定期便を設けるもようだ。同港の取扱量が4四半期連続で減少しているため、新サービスでてこ入れを狙う。ライブミント電子版が23日伝えた。 ピパバブ…

関連国・地域: インドデンマークアジア
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

ビエドロンカ、宅配ロッカー大手と提携(05/18)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

補聴器ワイデックス、同業シバントスと合併(05/17)

ベスタス、風力発電所設置で2社と提携(05/17)

トタルなどイラン事業見直し 米の対イラン制裁の再開決定で(05/17)

海運マースク、掘削部門の年内上場を断念か(05/11)

ポーランド、ノルドストリーム2を提訴へ(05/11)

ボルボ、インド西部に初の部品倉庫を開設(05/10)

ヒューゴ・ボス、第1四半期は3%増益(05/03)

デンマーク、巨大な風力発電施設を建設へ(05/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン