海運マースク、インドに新定期便を就航へ

デンマークの海運大手APモラー・マースクのコンテナ輸送部門マースクラインは、インド西部グジャラート州のピパバブ港で新たな定期便を設けるもようだ。同港の取扱量が4四半期連続で減少しているため、新サービスでてこ入れを狙う。ライブミント電子版が23日伝えた。 ピパバブ…

関連国・地域: インドデンマークアジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ノルウェーの経済成長率、来年は北欧首位も(08/15)

カールスバーグ、カンブルーの出資引き上げ(08/14)

関電と電源開発、英洋上風力発電事業へ参画(08/14)

海運マースク、ブロックチェーンに94社参加(08/13)

旅行TUI、第3四半期は13%減益(08/13)

エルステッド、米の陸上風力開発会社を買収(08/10)

宝飾品パンドラ、第2四半期は5%減益(08/10)

宝飾品パンドラ、販売落ち込みで397人整理(08/09)

物流ユニフィーダー、DPワールドが買収(08/08)

DLF、PGGライトソンから種子事業取得(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン