露企業、スマート輸送でマレーシア社と提携

モノのインターネット(IoT)向けの集積回路の製造とシステム開発を手掛けるマレーシアのキー・アシックは、スマート輸送システムの開発でロシア企業と提携していることを明らかにした。エン・カーイー会長兼最高経営責任者(CEO)の話を元に、スターが伝えた。 それによる…

関連国・地域: マレーシアロシアロシアアジア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品その他製造運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

グループIB、星に国際事業本部を開設へ(11/20)

A・ミタルと新日鉄住金、印社買収で承認(11/20)

ロシア鉱工業生産、10月は3.7%増加(11/19)

ロスアトム、サウジで原発を追加受注も(11/19)

ダイヤのアルロサ、ボツワナ合弁の株式売却(11/19)

韓国・STX、ロシアにLPG貯蔵施設(11/16)

ラトビアの新保守党、組閣を断念(11/16)

ロシアの大学で空飛ぶタクシーの試作機完成(11/16)

国営原子力カザトムプロムがIPO実施(11/15)

ロシア経済、第3四半期は1.3%拡大(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン