露企業、スマート輸送でマレーシア社と提携

モノのインターネット(IoT)向けの集積回路の製造とシステム開発を手掛けるマレーシアのキー・アシックは、スマート輸送システムの開発でロシア企業と提携していることを明らかにした。エン・カーイー会長兼最高経営責任者(CEO)の話を元に、スターが伝えた。 それによる…

関連国・地域: マレーシアロシアロシアアジア米国欧州
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信電機医療・薬品製造一般運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

露自動車アフトバス、通期は赤字縮小(02/16)

電機シュナイダー、通期は23%増益(02/16)

ユニクロ、オランダ1号店を今秋開設(02/15)

独メルセデス、ロシアで1,480台をリコール(02/15)

ルーマニアとスロバキア、ガス導管で覚書(02/14)

アルセロール、印エッサールに買収提案(02/14)

ロシア、10月から免税制度を導入へ(02/14)

化学ノーマン、マレーシアに伸展油の新工場(02/14)

小売りメトロ、第1四半期は87.8%増益(02/14)

旅行TUI、第1四半期は赤字縮小(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン