露企業、スマート輸送でマレーシア社と提携

モノのインターネット(IoT)向けの集積回路の製造とシステム開発を手掛けるマレーシアのキー・アシックは、スマート輸送システムの開発でロシア企業と提携していることを明らかにした。エン・カーイー会長兼最高経営責任者(CEO)の話を元に、スターが伝えた。 それによる…

関連国・地域: マレーシアロシアロシアアジア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品その他製造運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

RDIF、サウジ経済特区の港湾建設を検討(02/15)

自動車ルノー、通期は35%減益(02/15)

ロシア産乳製品、年内に対中輸出を開始も(02/15)

シェル、エジプトで油ガス権益を取得(02/15)

ロシアとサウジ、観光事業への相互投資拡大(02/14)

露社のETC、印都市間で導入(02/14)

EU、「ノルドストリーム2」規制案で合意(02/14)

ロシア、サイバー戦争に備えネット遮断実験(02/13)

旅行TUI、第1四半期は赤字拡大(02/13)

EU、ノルドストリーム2巡り妥協案で合意(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン