メルクとファイザーの皮膚がん薬、欧州委が承認

独製薬・化学大手メルクと米製薬大手ファイザーは、免疫チェックポイント阻害薬のPD―L1抗体「バベンシオ(Bavencio)」(一般名:アベルマブ)が転移性メルケル細胞がん(mMCC)の成人患者向け単剤治療薬として欧州委員会から承認されたと発表した。10月からドイツと英国…

関連国・地域: 英国ドイツEUスイスノルウェーアイスランドリヒテンシュタイン
関連業種: 医療・医薬品化学小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

CSU党首選、バイエルン州首相が出馬へ(11/20)

ユーロ圏建設業生産、9月は2%増加(11/20)

ダンスケ銀の内部告発者、議会で証言(11/20)

独経済、第4四半期は力強く回復も=連銀(11/20)

独経済相、マイナス成長受け減税策を検討(11/20)

ドイツ、サウジ政府関係者18人を入国禁止(11/20)

BMW、3D印刷部品が10年で100万個(11/20)

化学ランクセス、印工場に1.7億ドル投資へ(11/20)

VW、新技術に440億ユーロ 自動運転やEVへ=新投資計画(11/19)

政府、大気汚染規制を緩和へ 都市のディーゼル車制限回避で(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン