ロシュ、巨細胞性動脈炎の治療薬を欧州委が承認

スイスの製薬大手ロシュ・ホールディングは22日、「アクテムラ」(一般名:トシリズマブ)が巨細胞性動脈炎(GCA)の治療薬として欧州委員会から承認されたと発表した。欧州で初のGCA治療薬となる。 「アクテムラ」はヒト化抗ヒトIL―6レセプターモノクローナル抗体で、…

関連国・地域: EUスイスアジア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

セメン・インドネ、ホルシム買収で事業拡大(02/20)

スイスの時計輸出、香港向けは19.1%増加(02/20)

コカ・コーラHBC、製菓バンビを買収(02/19)

チューリッヒ、マのタカフル部門が急成長(02/19)

トタル、取引業務を英からスイスに移管へ(02/18)

食品ネスレ、通期は41.6%増益(02/15)

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

クレディ・スイス、通期は4年ぶり黒字復帰(02/15)

エア・リキード、通期は4.2%増益(02/15)

香料ジボダン、インドで食品香料工場を稼働(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン