オートリブ、2社への分離上場を検討

スウェーデンの自動車安全システム大手オートリブは14日、パッシブセーフティー(衝突安全)部門とエレクトロニクス部門を分離し、2社体制を取ることを検討していると発表した。 オートリブは事業戦略を見直しており、他の選択肢も検討していると説明。最終的に分離や上場に至る…

関連国・地域: スウェーデン
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ABB、越にロボット技術センター開設(12/12)

ダンスケ銀、スウェーデンの年金事業を売却(12/12)

アップルペイ、ドイツで運用開始(12/12)

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

スカニア、水素燃料電池のごみ収集車開発へ(12/11)

イケア、マ・サバ州で300万本の植林を完了(12/11)

昨年のテロ件数、トルコが欧州で最も減少(12/11)

RBS、ブレグジットで蘭に一部資産移管も(12/10)

ドイツ、5G網構築で華為技術の参加に懸念(12/10)

家電6社、仏当局が価格カルテルで罰金(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン