EU市民の56%、EUの将来を楽観視

英国の欧州連合(EU)離脱の決定から1年余りが経過する中、大半のEU市民がEUの将来を楽観視していることが、域内世論調査「ユーロバロメーター」の最新調査で明らかになった。 それによると、「EUの将来は明るい」と考えるのは全体の56%と、2016年秋の前回調査から6ポ…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

露、欧州の対イラン貿易支援機関に参加も(07/19)

CEO退任で期待高まるBMWの新展開 <連載コラム・自動車産業インサイト>第36回(07/19)

合意なき離脱なら景気後退も 英予算責任局が報告書で指摘(07/19)

G7、リブラへの懸念表明 金融システムに「深刻なリスク」(07/19)

伊内相、難民救助船への政府方針を維持(07/19)

バルニエ氏「合意なき離脱の結果に責任を」(07/19)

欧州委、米クアルコムに2.4億ユーロの罰金(07/19)

武田薬品、西欧で医薬品の売却手続き開始か(07/19)

欧州委、ボーダフォンの欧州資産取得を承認(07/19)

欧州新車登録、6月は7.8%減少(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン