ロイズ銀、欧州本部はベルリンか ブレグジット後見据え

英金融大手ロイズ・バンキング・グループは、英国の欧州連合(EU)離脱後、ベルリン支店に欧州統括機能を持たせるもようだ。情報筋の話として、BBC電子版などが伝えた。 それによると、ロイズ銀は欧州本部の設置先としてフランクフルトやアムステルダムも検討したが、既に支店…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアイルランドオランダ米国
関連業種: 金融・保険雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、ベルギー事業を売却(04/20)

上院、関税同盟の維持で離脱法案の修正支持(04/20)

P&G、メルクの消費者ヘルス事業を買収(04/20)

ゲットリンク、第1四半期は5%増収(04/20)

ユニリーバ、第1四半期は3.4%増収(04/20)

衛星放送スカイ、9カ月決算は10%増益(04/20)

小売売上高、3月は1.2%減少(04/20)

香港のシャンパン輸入、10年で7割増加(04/20)

EU法務官「キットカット形状登録は無効」(04/20)

鉱業用ポンプのウェア、米ESCOを買収(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン