ロイズ銀、欧州本部はベルリンか ブレグジット後見据え

英金融大手ロイズ・バンキング・グループは、英国の欧州連合(EU)離脱後、ベルリン支店に欧州統括機能を持たせるもようだ。情報筋の話として、BBC電子版などが伝えた。 それによると、ロイズ銀は欧州本部の設置先としてフランクフルトやアムステルダムも検討したが、既に支店…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアイルランドオランダ米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

スーパー大手2社の合併却下 競争当局、価格上昇など懸念(04/26)

求人検索の米インディード、愛で600人雇用(04/26)

クレディ・スイス、サウジで営業免許取得(04/26)

メイ首相、早期の党首不信任を回避(04/26)

スコットランド、2度目の独立住民投票も(04/26)

金融RBS、マキューアンCEOが辞任(04/26)

金融バークレイズ、第1四半期は黒字復帰(04/26)

仏の公立校、貧困支援で朝食の無償支給開始(04/26)

インペリアル、新製品を福岡県で先行販売(04/26)

タイTTC、メルセデスAMGセンター設置(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン