ロイズ銀、欧州本部はベルリンか ブレグジット後見据え

英金融大手ロイズ・バンキング・グループは、英国の欧州連合(EU)離脱後、ベルリン支店に欧州統括機能を持たせるもようだ。情報筋の話として、BBC電子版などが伝えた。 それによると、ロイズ銀は欧州本部の設置先としてフランクフルトやアムステルダムも検討したが、既に支店…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアイルランドオランダ米国
関連業種: 金融・保険雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

鉄道WMTが運営開始 JR東と三井物産参画の合弁(12/13)

豪ウエストフィールド買収 不動産ユニボール=247億ドル(12/13)

インフレ率、11月は3.1%に加速(12/13)

マクロン大統領、温暖化防止サミットを開催(12/13)

EU、常設軍事協力枠組みを採択(12/13)

ZEW景気期待指数、12月は予想より低下(12/13)

スーパー売上高、直近12週間は3.1%増加(12/13)

生産者物価、11月は3%上昇(12/13)

米LKQ、独シュタールグルーバー買収(12/13)

建設カリリオン、筆頭株主が出資比率を半減(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン