独政府、高速料金導入の改正案を閣議承認

ドイツ政府は24日、アウトバーン(高速道路)課金制度の改正案を閣議承認した。導入は9月の連邦議会選挙後になる見通しで、外国籍車両には年間最大130ユーロが課金されることになる。同制度をめぐっては、欧州委員会が国内ドライバーを不当に優遇しているとして問題視し、一部改正…

関連国・地域: ドイツEUベルギーオーストリアデンマークオランダ
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独眼鏡フィールマン、スロベニア同業を買収(08/16)

「VW」乗用車販売、7月は3.3%減少(08/16)

エーオン、米テキサス州で風力発電所建設へ(08/16)

SGLカーボン、CEOが辞任=業績不振で(08/16)

メディアのコンスタンティン、上場取り消し(08/16)

肥料K+S、第2四半期は96.3%増益(08/16)

コンチ、自動運転向けの車載カメラを開発(08/16)

ドイツの欠航数、年初から計1.4万便に(08/16)

電力RWE、上半期は5倍超に増益(08/15)

A・シュプリンガー、第2四半期は3%減益(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン