中国2社、チェルノブイリに太陽光発電所建設へ

クリーンエネルギー事業を手掛ける香港の協キン集団(キンは金3つ、GCL)傘下の協キン集成科技(GCL―SI、中国・蘇州市)は21日、中国成套工程(CCEC)と共同で、ウクライナ北部チェルノブイリの立ち入り禁止区域に太陽光発電所を建設すると発表した。1986年の原子力…

関連国・地域: ウクライナアジア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリーのPVCメーカー、工場拡張(07/16)

ゼレンスキー氏、チェルノブイリを観光地に(07/12)

メルケル独首相、またも全身に震え=3度目(07/12)

トランスネフチ、汚染原油導管の復旧を完了(07/03)

メルケル独首相、またも全身に震え(06/28)

ウクライナ、欧州評議会から公使を召還(06/27)

ウニペトロル、露産汚染原油の受け入れ拒否(06/26)

欧州評議会、ロシアの投票権認める(06/26)

プーチン大統領「露経済はすでに回復中」(06/24)

EU首脳、対露経済制裁を6カ月延長(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン