米裁判所が和解案を暫定承認 VW、リコールや補償準備に着手

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排ガス不正をめぐる米国の一部訴訟で147億ドルを負担する和解案で合意したことをめぐり、米カリフォルニア北部連邦地方裁判所の裁判官は26日、この和解案を暫定的に承認した。同社はこれで、米国内の問題車両47万5,000台のリコール(無料の回収・修理)や買い取り、オーナーへの補償に向けた作業を開始できる。

同社は6月28日、違法ソフトウエアを搭載していた排気量2リットルのディーゼル車の修理や買い取り、オーナーへの補償に100億3,300万ドルを投じる和解案で原告団と合意。オーナーは車両を不正発覚前の相場でVWに売却するか、無料の修理を受けるかを選択できるほか、1人当たり5,100~1万ドルの補償金を受け取る内容となっている。加えてVWは、米環境保護庁(EPA)への罰金27億ドルと、大気汚染軽減プログラムの費用20億ドルを支払うことにも同意している。

和解案の対象は、「VW」の2013~2015年式「ビートル」、2010~2015年式「ゴルフ」、2009~2015年式「ジェッタ」、2012~2015年式「パサート」、傘下の高級車ブランド「アウディ」の2010~2013年および2015年式「A3」の2リットルTDIエンジン車。

今回、この和解案が暫定承認されたことを受け、VWは各オーナーに個別の補償額やリコールおよび買い取りの詳細を連絡する作業に着手する。ロイター通信によると、同社は和解の事務作業にフルタイム従業員40人を充てるほか、250~300人を新規雇用する予定。ただ、実際の補償金支払いや買い取りは、和解案の正式承認を待って行う必要がある。同連邦地裁は遅くとも10月18日までに正式承認する見通し。

VWはこの和解案と合わせて、米国の44州およびワシントン、プエルトリコと計6億300万ドルを投じる和解案でも合意しており、支払総額は153億ドル超に上っている。米国ではこのほか、8万5,000台に上る排気量3リットルのディーゼル車をめぐる集団訴訟も抱える。また、先にはカリフォルニア州当局から、同州内で販売された2、3リットルの問題車両に対する罰金8,600万ドルを科されたほか、今月には米ニューヨーク、マサチューセッツ、メリーランドの3州から新たに民事訴訟を起こされている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車商業・サービス社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、今年の成長率見通しを1.5%に引き上げ(04/27)

ドイツのツィプリース経済・エネルギー相は26日、今年の国内総生産(GDP)成長率が1.5%になるとの見通し…

続きを読む

欧州商用車登録台数、3月は10.3%増加(04/27)

欧州自動車工業会(ACEA)は26日、3月の欧州30カ国の商用車新規登録台数が27万5,114台となり、前年同月…

続きを読む

アリタリア航空、管財人選任へ 労組が再建策拒否で資金不足に(04/27)

経営危機に陥っている伊アリタリア航空は、特別管財人を選任するための準備に入る。追加支援の条件とされて…

続きを読む

ダイムラー、87%増益=通期見通し引き上げ(04/27)

独自動車大手ダイムラーは26日、第1四半期(1~3月)決算の詳細を発表した。EBIT(利払い・税引き前…

続きを読む

日立、SAPのクラウド導入支援で提携強化(04/27)

日立製作所は26日、ドイツの企業向けソフト大手SAPと、エンタープライズ向けクラウドサービス「HANA…

続きを読む

日立ハイテク、英OIの原子分光製品事業を取得(04/27)

日立ハイテクノロジーズは26日、分析装置を手掛ける英国のオックスフォード・インストゥルメンツ(OI)か…

続きを読む

メルセデスのタイ法人、部品倉庫・研修所を拡張(04/27)

独ダイムラー傘下メルセデス・ベンツの現地法人メルセデス・ベンツ(タイランド)は、バンコク東部バンナー…

続きを読む

ボッシュ、タイで電子商取引を強化(04/27)

独自動車部品大手ロバート・ボッシュは、タイで電子商取引(eコマース)を強化する。オンラインショッピン…

続きを読む

携帯電話の「プレイ」、ワルシャワ上場も(04/26)

「プレイ(Play)」ブランドで事業を展開するポーランド第3位の携帯電話事業者P4は21日、ワルシャワ証券…

続きを読む

EUの自動車型式認証の厳格化、ドイツが反対も(04/26)

欧州連合(EU)の自動車の型式認証制度を強化する法案にドイツが反対しているもようだ。この法案は、独自…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン