ナショナル・グリッドの解体勧告:下院委「小規模業者に不利益も」

下院のエネルギー・気候変動委員会は17日、送電大手ナショナル・グリッドを解体し、国内の電力システム運営事業を独立させるよう勧告した。安価な輸入電力で利益を上げようとする同社の方針が、国内の再生可能エネルギー由来の小規模発電事業者に不利益をもたらす恐れがあるため。…

関連国・地域: 英国フランス米国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

首相、6月に辞任時期表明へ ジョンソン氏が党首選に意欲(05/17)

ネスレ、スキンヘルス事業売却巡り独占協議(05/17)

VTB銀、ルストランスコムの株式取得も(05/17)

欧州委員長の候補者が討論会 主要会派の6人が激論交わす(05/17)

送電ナショナル・グリッド、通期は31%減益(05/17)

ミシュラン、英マスターノートを買収で合意(05/17)

高級ブランドのバーバリー、通期は7%増益(05/17)

欧州委、為替操作で日米欧の大手行に罰金(05/17)

ユーロ圏貿易収支、3月は黒字縮小(05/17)

トーマス・クック、中間期は赤字が大幅拡大(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン