2009/04/28(火)

第38回 海外駐在員が日本のゴルフ会員権を売却した場合

大塚さん:みらい先生、こんにちは。年末に体調を崩されたそうですがその後お体の具合はいかがですか?

私はご案内の通り3年間の予定で昨年の4月に韓国の子会社に転籍し、家族とともに生活の拠点を韓国に移しました。韓国での生活にもようやく慣れてきたところです。

日本にいる時は趣味の一つであるゴルフをする機会が多く、会員権を保有しておりましたが、転籍してからは日本でゴルフをすることがなくなりましたので、この度思い切ってゴルフ会員権を手放しました。

実はこの会員権はバブル時代に購入したもののため売却によって多額の損失が発生しています。この売却損は他の所得から差し引くことができますか?



関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン