2016/10/11(火)

第216回 社会保険の適用範囲税

浅野さん:みらい先生、こんにちは。法改正で、社会保険の適用範囲が拡大されると聞いたのですが……。

みらい:法律の改正があり、2016年10月1日より、社会保険の適用が拡大されて、短時間で勤務する方も加入の対象となります。

浅野さん:私は現在、中国に海外赴任中なのですが、日本で社会保険に加入していまして、妻が被扶養者になっています。妻は、日本でパートタイマーとして勤務していますので、もしかして、我が家にも関係があるのかと気になりまして……。

みらい:これまで、パートタイマー等の短時間労働者については、週の所定労働時間および1カ月の所定労働日数が、同一の事業所のいわゆる正社員の所定労働時間および所定労働日数のおおむね4分の3以上の場合に、社会保険が適用されることになっていましたね。

浅野さん:そうですね。法改正後はどのような方が加入の対象となるのですか。



関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン