2016/02/23(火)

第201回 海外採用の外国人労働者

芳賀さん:みらい先生、こんにちは。私は貿易会社の役員をしていますが、現地法人で採用したインド人労働者を来月から1年間、日本で勤務させたいと考えています。先日ビザの交付申請手続を終えたところですので、これから外国人労働者を国内に受け入れる際の労働条件や、労働保険・社会保険の手続上、配慮が必要な点について、あらかじめ把握したいと思っています。

みらい:そうですか。最近は国際間で労働移動が進んでいると聞きます。外国人が日本で技術を習得して、帰国後に現地でその知識を活用する例もこれから益々増えてくるかもしれませんね。勤務内容はどのようなご予定ですか。

芳賀さん:今回は、現地法人の管理者を育成することを目的としていますので、日本の本社で勤務させて、日本式の財務や人事等の管理手法を学んでもらおうと考えています。このため、基本的にはデスクワークが中心で、インドで現在従事している業務内容と大きな違いはありません。給与に関しては、インド本国の貨幣価値を考慮して、これまでの待遇をそのまま維持しつつ、日本法人から支給しようと考えていますが、何か問題はありますか。



関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン