2008/05/13(火)

第15回 健康保険制度の基礎知識

三上さん:みらい先生、こんにちは。実はこのほど、専業主婦の妻と74歳の父を日本に残して韓国に赴任することになりました。こうした場合、私や家族の健康保険制度はどのようになるのでしょうか?

みらい:健康保険は、一般的に民間企業に勤務する方を対象とするもので、事業所を単位として適用することになります。三上さんが海外に赴任しても、現在お勤めの会社と雇用関係(労務の提供、賃金の支払い、人事管理等を総合的に判断)があれば、健康保険の被保険者として、病気、けが、死亡、出産などの事由による給付を受けることができます。日本にいるご家族も、当然、健康保険の被扶養者として給付を受けることができます。



関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン