2013/02/12(火)

第128回 計算期間中に出国する場合の給与課税

李さん:みらい先生、今日は海外赴任者の給与計算についてお聞きしたくて伺いました。3月20日に営業部の田中部長が2年間の予定で韓国子会社に赴任することになったのですが、注意すべきことはありますか。

みらい:海外勤務が1年以上の予定で出国する場合、その年の1月1日から出国までに生じた所得が給与所得のみであれば、年末調整をすることで原則として確定申告は不要です。ただし、給与収入が2,000万円超の場合や給与所得以外の所得の合計額が20万円超の場合などは確定申告が必要となるので注意して下さい。



関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン