2012/08/14(火)

第117回 海外での労働基準法の適用

相楽さん:みらいさん、こんにちは。この度、当社の従業員を海外の子会社に3年間の予定で派遣することになりました。その処遇を決めるにあたって確認させていただきたいことがあるのですがよろしいでしょうか。

みらい:相楽さん、こんにちは。確か、御社で海外に従業員を派遣するのは初めてでしたよね。ご質問はどのような内容ですか。

相楽さん:はい。海外の子会社も50人規模になってきましたので、現地の品質管理を行うために技術指導を目的として、日本からも人材を派遣した方が良いのではないかということになりました。今回は、日本での雇用関係を継続し、在籍のまま海外の子会社へ出向する(現地での身分は一般従業員)ことを検討しています。したがって、日本と海外の子会社との両方で雇用関係が存在することになりますが、その場合、海外派遣者の労働時間については、労働基準法の適用を受けるのでしょうか。



関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン