2012/05/22(火)

第112回 海外移住の相続税などの納税義務

望月さん:こんにちは、みらい先生。

みらい:こんにちは、お久しぶりですね。シンガポールに転勤されて以来ですから、4年ぶりですか。

望月さん:ええ。妻を日本に、息子は海外留学で、家族バラバラの単身赴任でしたが、今ではすっかりシンガポールの生活にも慣れました。もう定年なので、退職後は妻を連れてシンガポールに移住するのも良いかと考えています。そこで、現地の友人から聞いたのですが、シンガポールでは相続税や贈与税がないらしく、節税目的で移住する方もいると聞きました。

将来、わたしと妻の財産を少しでも息子に残してあげたいと考えていますが、それが本当に有益な方法なのか、教えていただきたいと思います。



関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン