2025年までの新事業戦略を発表 「VW」ブランド、EVで首位狙う

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は22日、主力の「VW」ブランドの2025年までの新事業戦略を発表した。電気自動車(EV)の販売台数を年100万台に拡大し、EV市場で首位に立つ目標を掲げ、向こう数年以内には北米でもEVを発売する方針。加えて、コネクテッドカー(ネット接続型自動車)・サービスで年間売上高10億ユーロを目指す。排ガス不正の影響と利益率低下に悩む同ブランドを、自動車産業の一大転換期における主導的企業へと転身させる狙い。

「VW」ブランドは先に、2020年までに3万人を整理する大規模な事業再編計画を発表したばかり。同社は今回、新事業戦略の第1期として、2020年までは事業再編計画の実行に取り組む一方で、人気のスポーツタイプ多目的車(SUV)に注力し、2025年までの第2期にEV化に本格的に取り組むとしている。

EV化の資金源獲得に向けては、販売台数が少なく収益性の低い複数のモデルを廃止し、25億ユーロ以上をEV投資に振り向ける。一方、自動車のネット接続サービスでは、自社独自のプラットフォームを開発する方針。2025年までに世界で8,000万人の契約ユーザーを獲得することを目指す。

地域別では北米に力を入れ、ニッチ・ブランドから主要ブランドへの転身を図る。米国では当面、大型SUVやリムジンに注力するが、数年後には北米市場にもEVを導入する。これに向け、現地の充電インフラに大規模な投資を行うほか、2021年には「MEB」と呼ばれるEV用プラットフォームを用いた現地生産を開始する。一方、中国ではSUVに加え、販売が急速に伸びている低価格車に注力する予定で、既に新モデルの開発に着手しているという。インドや南米、ロシアでも低価格車に力を入れる方針だ。

財務面では、営業利益率を昨年の2%から2020年に4%、2025年には6%に引き上げることを目指す。投資予算は、向こう数年間は年間約45億ユーロで維持する。「VW」ブランドのヘルベルト・ディース最高経営責任者(CEO)は、「変化の恩恵を受け、新たな自動車産業の首位に立ちたい」と抱負を表明。「今後数年にVWは急速に変化するだろう」と話している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツロシアアジア米国中南米カナダ
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信製造一般電力・ガス・水道金融・保険社会・事件雇用・労務

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア、鳥インフル拡散で43万羽を殺処分(01/17)

ブルガリアのタネバ農業・食料相は14日、鳥インフルエンザの感染に絡み、これまでにニワトリなど家きん類43…

続きを読む

チェコの雇用、「インダストリー4.0」で急減も(01/17)

チェコでは製造業の高度化プロジェクト「インダストリー4.0」の推進により、2025年までに14万人の雇用が失わ…

続きを読む

スタンステッド空港、利用者数が過去最多に(01/17)

ロンドン・スタンステッド空港の2016年の利用者数は2,430万人となり、過去最多を記録した。5月に英航空大手…

続きを読む

米国、ドイツ車に35%の関税も トランプ氏が墨での生産けん制(01/17)

20日に就任するドナルド・トランプ次期米大統領が、独自動車メーカーの輸入車に35%の「国境税」を課す可能…

続きを読む

アパレルのヒューゴ・ボス、通期は4%減収(01/17)

独アパレル大手のヒューゴ・ボスは16日、2016年12月通期の売上高が26億9,300万ユーロとなり、前年比4%減少…

続きを読む

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字拡大(01/17)

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは16日、2016年11月のユーロ圏19カ国の貿易収支(速報値、季節調整…

続きを読む

特殊化学アルツケム、フランクルト上場へ(01/17)

特殊化学メーカーの独アルツケム(AlzChem)は16日、フランクフルトで新規株式公開(IPO)を検討している…

続きを読む

自動車部品ノルマ、ポルトガルのリフィアル買収(01/17)

接合部品の製造・販売を手掛ける独ノルマ(Norma)・グループは16日、金属製クランプを手掛けるポルトガルの…

続きを読む

VW、印自動車協会が排ガス不正を指摘(01/17)

インド自動車調査協会(ARAI)は、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)がインドでも排ガス試験で違…

続きを読む

ピカデリーサーカスの電飾看板、改修工事で消灯(01/17)

ロンドン中心部の広場ピカデリーサーカスで16日朝、名物の電飾看板が消灯された。改修工事のためで、秋には…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン