独運輸省、VWのCO2過少申告隠ぺいに加担か

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が新モデルの型式認証の際に二酸化炭素(CO2)排出量を過少に申告していた問題で、独運輸省がこの問題の隠ぺいに加担していた疑いが浮上している。週刊誌シュテルン電子版が伝えた。

VWは昨年9月、一部のディーゼル車で窒素化合物(NOx)の排出量に関する排ガス規制を不正回避していた問題が発覚。同年11月には、内部調査により一部社員がグループの車両約80万台のCO2排出量を過少に申告していたことも判明したと発表した。ところが、約1カ月後にはこれを3万6,000台へと大幅に下方修正。社内で実走時の排出量検査を行った結果、申告値と実走時の数値が異なったのは計9モデルで、当初の予想よりはるかに台数が少なく、またその差も合法的な範囲内だったと述べていた。

シュテルンが今回入手した運輸省の資料によると、同社はこの1カ月の間に、運輸省に2人の弁護士を派遣。社内排ガス検査の基準強化を取りやめて元に戻すことや、過少申告を一部社員の責任とした当初の方針を撤回し、原因不明とすることを伝えていた。運輸省もこれを認めることにより、事実上、問題のもみ消しに協力したという。運輸省はこの報道についてコメントを発表していない。

NOxは大気汚染物質だが、CO2は温室効果ガスの1つ。ドイツではCO2排出量に基づいて車両税が決められるため、CO2排出量の過少申告は税収減にもつながる。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

加自動車部品マグナ、スロベニアに塗装工場建設(01/16)

カナダの自動車部品大手マグナ・インターナショナルは、スロベニアに塗装工場を建設する方針だ。今年6月ま…

続きを読む

ルノー、仏検察が排ガス不正で捜査 ディーゼル車に違法ソフトの疑い(01/16)

仏自動車大手ルノーは13日、パリ検察当局が同社の排ガス不正疑惑をめぐる捜査を開始したと明らかにした。デ…

続きを読む

リトアニア、血の日曜日事件から26周年(01/16)

リトアニアは13日、1991年1月に起きたソ連(当時)の軍事介入で民間人14人が犠牲になった「血の日曜日事件…

続きを読む

フィアットも排ガス不正の疑い 米当局、SUVなど10万台超調査へ(01/16)

米環境保護庁(EPA)は12日、伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の排気…

続きを読む

露中貿易高、昨年は2.2%増加(01/16)

ロシアの2016年の対中貿易高は695億2,600万ドルとなり、前年比2.2%増加した。中国の貿易高は全体的に縮小し…

続きを読む

韓国・起亜、スロバキアでの生産台数は過去最高(01/16)

韓国・現代自動車傘下の起亜自動車は13日、スロバキア北西部ジリナ(Zilina)工場での2016年の乗用車生産台…

続きを読む

ドイツ機械受注高、11月は5%増加(01/16)

ドイツ機械工業連盟(VDMA)によると、2016年11月の受注高は前年同月に比べ5%増加した。10月のマイナ…

続きを読む

伊北東部で野生のアヒルから鳥インフル検出(01/16)

オーストリアと国境を接するイタリア北東部フリウリ・ベネチア・ジュリア州で、死んだ野生のアヒルからH5…

続きを読む

フランクフルト空港、利用者数が7年ぶりに減少(01/16)

ドイツの空港運営大手フラポートは13日、2016年のフランクフルト空港の利用者数が6,078万6,937人となり、前…

続きを読む

ティッセン、海洋電子機器合弁の残り株取得(01/16)

鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップは12日、欧州航空・防衛最大手エアバス・グループとの合弁会…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン