独北部で鳥インフルエンザ検出=9千羽処分へ

独北部のシュレスウィヒ・ホルシュタイン州政府は19日、同州西部の町ブルク(Burg)の2カ所の養鶏所で鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。これに伴い、早ければ22日にも8,800羽のガチョウの殺処分が開始される。

検出されたウイルスは低病原性のH5型。この養鶏所は1,800羽のガチョウを飼育しており、半径7キロメートル以内が監視区域に、3キロメートル以内が隔離区域に指定された。

また7,000羽を飼育する別の養鶏所でも、H5型ウイルスが見つかった。これら2カ所では、高病原性のH5N8型も存在するかどうか、詳しく調べる。

ドイツとスイス、オーストリアの国境にあるボーデン湖(別称コンスタンツ湖)付近では先に、野鳥の死骸から鳥インフルエンザウイルスが検出。100羽以上のサギやカモなどの死骸が見つかり、うち5羽からH5N8型ウイルスが検出されていた。


関連国・地域: ドイツオーストリアスイス
関連業種: 医療・薬品農林・水産社会・事件政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア、鳥インフル拡散で43万羽を殺処分(01/17)

ブルガリアのタネバ農業・食料相は14日、鳥インフルエンザの感染に絡み、これまでにニワトリなど家きん類43…

続きを読む

チェコの雇用、「インダストリー4.0」で急減も(01/17)

チェコでは製造業の高度化プロジェクト「インダストリー4.0」の推進により、2025年までに14万人の雇用が失わ…

続きを読む

スタンステッド空港、利用者数が過去最多に(01/17)

ロンドン・スタンステッド空港の2016年の利用者数は2,430万人となり、過去最多を記録した。5月に英航空大手…

続きを読む

米国、ドイツ車に35%の関税も トランプ氏が墨での生産けん制(01/17)

20日に就任するドナルド・トランプ次期米大統領が、独自動車メーカーの輸入車に35%の「国境税」を課す可能…

続きを読む

アパレルのヒューゴ・ボス、通期は4%減収(01/17)

独アパレル大手のヒューゴ・ボスは16日、2016年12月通期の売上高が26億9,300万ユーロとなり、前年比4%減少…

続きを読む

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字拡大(01/17)

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは16日、2016年11月のユーロ圏19カ国の貿易収支(速報値、季節調整…

続きを読む

特殊化学アルツケム、フランクルト上場へ(01/17)

特殊化学メーカーの独アルツケム(AlzChem)は16日、フランクフルトで新規株式公開(IPO)を検討している…

続きを読む

自動車部品ノルマ、ポルトガルのリフィアル買収(01/17)

接合部品の製造・販売を手掛ける独ノルマ(Norma)・グループは16日、金属製クランプを手掛けるポルトガルの…

続きを読む

VW、印自動車協会が排ガス不正を指摘(01/17)

インド自動車調査協会(ARAI)は、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)がインドでも排ガス試験で違…

続きを読む

ピカデリーサーカスの電飾看板、改修工事で消灯(01/17)

ロンドン中心部の広場ピカデリーサーカスで16日朝、名物の電飾看板が消灯された。改修工事のためで、秋には…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン