EU離脱、自治政府にも発言権 議会承認めぐり最高裁が意見聴取

欧州連合(EU)離脱の正式な通告には議会の承認が必要との英高等法院の判断をめぐり、政府がこれを不服として最高裁判所に上告している問題で、最高裁はスコットランドとウェールズの各自治政府の意見も聴取する方針だ。また、離脱通告には英領北アイルランドの議会承認が必要との訴えについても、最高裁が併せて審理する。政府はあくまで来年3月末までにEU条約第50条に基づく脱退通告を行う構えだが、各自治政府の介入により大幅に遅れる可能性も出てきた。BBC電子版が18日伝えた。

上告審は、12月5日から4日間にわたり開かれる予定。最高裁は18日、これにスコットランドの法務総裁とウェールズの法務長官を召喚したことを明らかにした。スコットランドは、スコットランド法に基づく見解を、またウェールズは議会主権と法の支配の重要性を訴えるとみられている。

一方、北アイルランドの活動家が「EU離脱には北アイルランド住民の承認が必要」としてベルファストの裁判所に提訴していた問題で、同裁判所はこの日、最高裁判所に判断を付託することを決めた。また、北アイルランド議会の一部議員が「EU離脱手続きには同議会の承認が必要」と訴えている問題についても、北アイルランド司法長官が既に英最高裁に判断を付託している。最高裁はこれらを上告審で併せて審理する。

これに対し、メイ首相はベルリンでのEU各国首脳との会談後の記者会見で「来年3月末までにEU条約第50条を発動する準備がある」とあらためて強調。「円滑かつ秩序あるプロセスを経て、英国と欧州各国の双方の利益になる解決策を実現したい」と話した。

6月23日に実施された国民投票では、イングランドとウェールズでEU離脱が支持される一方、スコットランドと北アイルランドでは残留派がそれぞれ62%、55.8%で多数を占めた。[EU規制]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

旧車の乗り入れに10ポンド課金へ ロンドン、大気汚染対策を強化(02/20)

ロンドンで10月23日から、都心部に乗り入れる汚染物質排出量の多い旧年式の車に1日10ポンドの排出サーチャ…

続きを読む

米クラフトが買収案取り下げ ユニリーバ、拒否から2日後(02/20)

英蘭資本の消費財大手ユニリーバは19日、米食品大手クラフト・ハインツが同社に対する買収提案を取り下げた…

続きを読む

1月小売売上高、0.3%減少(02/20)

英政府統計局(ONS)は17日、1月の小売売上高(数量ベース、季節調整済み)が前月比0.3%減少したと発表…

続きを読む

独政府、仏PSAのオペル買収計画を容認(02/20)

ドイツ政府は、仏自動車大手PSAグループ(旧PSAプジョー・シトロエン)が米ゼネラルモーターズ(GM…

続きを読む

欧州の空港利用者数、昨年は5%増=20億人突破(02/20)

国際空港評議会(ACI)は17日、欧州の2016年の空港利用者数が前年比5.1%拡大し、20億人を初めて突破した…

続きを読む

大和証券、英高等法院が1.5億ドル支払い命令(02/20)

大和証券グループ本社は17日、英国現地法人の大和証券キャピタル・マーケッツヨーロッパ(DCME)を相手…

続きを読む

ジェネリック薬のスタダ、新たに1社が買収提案(02/20)

独ジェネリック薬(後発医薬品)大手スタダ・アルツナイミッテル(STADA Arzneimittel)は16日、新たに1社…

続きを読む

英国の鉄道遅延率、過去10年で最悪の水準に(02/20)

英国で2016年に時間通りに到着した列車の本数が、過去10年で最低水準となった。全体の12.3%が定時運行に失…

続きを読む

ポーランドの貿易収支、2016年は黒字が大幅拡大(02/17)

ポーランド中央統計局(GUS)は15日、2016年の貿易収支が206億5,990万ズロチ(50億7,200万ドル)の出超に…

続きを読む

GMのアマン社長「英ボクソールの合理化ない」(02/17)

米自動車大手ゼネラルモーターズ(GM)が欧州事業の売却に向け仏同業PSAグループ(旧PSAプジョー・…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン