VW、ペッチュ会長も捜査対象に 排ガス問題めぐり市場不正操作か

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は6日、監査役理事会のハンスディーター・ペッチュ会長が独検察当局の捜査対象になっていると明らかにした。同社の最高財務責任者(CFO)を務めていた際に、排ガス不正問題に絡み市場の不正操作を行った疑い。また、米国では同社の高級車部門アウディが、二酸化炭素(CO2)排出量を偽る違法ソフトウエアを一部車両に搭載していた疑いが明らかになっている。

ペッチュ氏は昨年10月までVWのCFOを務めていた。同氏に対する捜査を行っているのは、VWが本社を置く北部ニーダーザクセン州ブラウンシュバイク(Braunschweig)の検察当局。この問題では既に、マルティン・ウィンターコルン前最高経営責任者(CEO)と「VW」ブランドのトップのヘルベルト・ディース氏も捜査対象となっている。同検察当局は、排ガス不正が同社の財務状態に及ぼす悪影響について、両氏が株主に速やかに開示しなかった疑いがあるとみている。

VWは、「当社とペッチュ氏は今後も検察当局の捜査に全面的に協力する」とコメント。ただ、市場不正操作の疑いについては「内部および外部の法律専門家による慎重な調査の結果、当社の取締役会は独資本市場法に基づく情報開示の義務を完全に履行したと確信している」と強調している。

■米では新たな不正ソフト発覚

カリフォルニア州大気資源局(CARB)は、アウディの一部モデルに搭載されているソフトに、排ガス検査時にのみCO2排出量を低く抑える機能があることを発見したもようだ。複数の消息筋の話として、ウォール・ストリート・ジャーナルが7日伝えた。

VWは既に世界で1,100万台のディーゼル車に違法ソフトを搭載していたことを認めているが、これらは大気汚染物質である窒素酸化物(NOx)の排出量を欺くもの。これに対し、今回のソフトは地球温暖化の原因となる温室効果ガスの1つ、CO2の排出量を欺くもので、ガソリン車にも搭載されているという。CARBおよびVW、アウディはコメントを発表していない。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信製造一般天然資源金融・保険社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ランボルギーニ、タイでSUV「ウルス」発売(02/24)

高級スポーツカーをタイで販売するニッチカーは、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の超高級スポ…

続きを読む

通信テレフォニカ、第4四半期は黒字復帰(02/24)

スペインの通信大手テレフォニカは23日、第4四半期(2016年10~12月)の純利益が1億4,500万ユーロとなり、…

続きを読む

レゴの屋内型アトラクション、ハンガリー進出へ(02/24)

娯楽施設の運営を手掛ける英マーリン・エンターテインメンツが展開する「レゴランド・ディスカバリー・セン…

続きを読む

独GDP成長率、改定値も0.4% 消費支出や投資好調で伸び加速(02/24)

ドイツ連邦統計庁は23日、2016年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP、季節要因・稼働日数調整済み…

続きを読む

GfK消費者信頼感、3月は4カ月ぶりに悪化(02/24)

市場調査会社GfKは23日、ドイツの3月の消費者信頼感指数が10ポイント(予測値)となったと発表した。前…

続きを読む

自動車PSA、通期は78.8%増益(02/24)

仏自動車大手PSAグループ(旧PSAプジョー・シトロエン)は23日、2016年12月期の純利益が21億4,900万ユ…

続きを読む

化学ヘンケル、通期は6.9%増益(02/24)

独総合化学大手ヘンケルは23日、2016年12月通期の純利益が20億5,300万ユーロとなり、前年比6.9%拡大したと…

続きを読む

タカタ、独子会社を米トランスディグムに売却(02/24)

自動車部品大手タカタ(東京都品川区)は23日、独子会社シュロート(Schroth)・セーフティー・プロダクツの…

続きを読む

投資Aton、南ア建設会社の25%株式を取得(02/24)

独投資会社Atonは、傘下のATMホールディングを通じて南アフリカの建設大手マレー&ロバーツ(M&R)・…

続きを読む

公益事業ヴェオリア、通期は15.1%減益(02/24)

仏水道・廃棄物処理大手ヴェオリア・エンバイロメントは23日、2016年12月通期の純利益が3億8,220万ユーロと…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン