ユーロ圏離脱の可能性、イタリアが最も高く

ユーロ圏離脱の可能性が最も高いのはイタリア――。独調査会社センティックスの最新調査で、市場のこうした見方が明らかになった。向こう1年にユーロ圏を離脱する確率は9.9%と、ギリシャの8.5%を上回り、2012年6月の調査開始以降で初めてギリシャを抜いて首位に立った。

センティックスは毎月、個人投資家や機関投資家を対象に、ユーロ圏分裂に関する調査を実施。その中で、離脱の可能性が高いと思う国を最大3カ国まで挙げるよう依頼している。最新の調査は10月26~28日に1,039人を対象に行われた。

センティックスはイタリアが首位となった理由として、国内銀行の財務状態の危うさや、12月4日に予定される憲法改正の是非を問う国民投票の結果への懸念、長年の経済不振を挙げている。ただ、ギリシャは2012年に70%台を記録しており、これに比べると大幅に低い水準となっている。

ユーロ圏離脱の確率がイタリアとギリシャに次いで高かったのはポルトガルで、3.5%。これにフィンランド(2.9%)とフランス(1.8%)が続いた。また、ユーロ圏が分裂する確率は17.5%、危機伝播リスクは34.9%とみられている。


関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアギリシャフィンランドポルトガル
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

オランダのインフレ率、11月は0.6%に加速(12/09)

オランダ政府統計局(CBS)は8日、11月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比で0.6%上昇したと発表し…

続きを読む

一部大手行、パリへの事業移転手続きを本格化(12/09)

英国の欧州連合(EU)離脱後をにらみ、一部の大手銀行がロンドンからパリに事業の一部を移すための手続き…

続きを読む

欧州委、英独などに法的措置 VWの排ガス不正めぐる対応不備で(12/09)

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題をめぐり、欧州委員会は8日、英国やドイツなど7…

続きを読む

チェコ貿易収支、10月は黒字拡大(12/09)

チェコ統計局(CSU)は7日、10月の貿易収支が155億コルナ(6億1,500万ドル)の出超となり、前年同月か…

続きを読む

ブルガリア成長率、第3四半期は3.4%に減速(12/09)

ブルガリア国家統計局(NSI)によると、第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP、速報値)は前年同…

続きを読む

N・グリッド、英国ガス供給事業の61%株売却(12/09)

英送電大手ナショナル・グリッドは8日、ガス供給事業の株式61%を豪投資銀行マッコーリー(Macquarie)・グ…

続きを読む

<連載コラム・エネルギーTODAY>第9回 COP22「トランプ勝利でも気候変動対策は存続」(12/09)

「根本的には何も変わっていない」――。ドナルド・トランプ氏が米大統領選で勝利を収め、国際的な気候変動…

続きを読む

正規雇用、11月は拡大が加速(12/09)

英求人雇用連盟(REC)と金融情報サービス会社マークイットは8日、11月の雇用市場調査を発表した。正規…

続きを読む

欧州中銀、ゼロ金利を維持 量的緩和は来年12月末まで延長(12/09)

欧州中央銀行(ECB)は8日開いた政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低…

続きを読む

EU、ウクライナなどとのビザなし渡航実現へ(12/09)

欧州連合(EU)は7日夜、非加盟国から域内へのビザ(査証)なし渡航許可を緊急時に停止できる「停止メカ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン