ユーロ圏離脱の可能性、イタリアが最も高く

ユーロ圏離脱の可能性が最も高いのはイタリア――。独調査会社センティックスの最新調査で、市場のこうした見方が明らかになった。向こう1年にユーロ圏を離脱する確率は9.9%と、ギリシャの8.5%を上回り、2012年6月の調査開始以降で初めてギリシャを抜いて首位に立った。

センティックスは毎月、個人投資家や機関投資家を対象に、ユーロ圏分裂に関する調査を実施。その中で、離脱の可能性が高いと思う国を最大3カ国まで挙げるよう依頼している。最新の調査は10月26~28日に1,039人を対象に行われた。

センティックスはイタリアが首位となった理由として、国内銀行の財務状態の危うさや、12月4日に予定される憲法改正の是非を問う国民投票の結果への懸念、長年の経済不振を挙げている。ただ、ギリシャは2012年に70%台を記録しており、これに比べると大幅に低い水準となっている。

ユーロ圏離脱の確率がイタリアとギリシャに次いで高かったのはポルトガルで、3.5%。これにフィンランド(2.9%)とフランス(1.8%)が続いた。また、ユーロ圏が分裂する確率は17.5%、危機伝播リスクは34.9%とみられている。


関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアギリシャフィンランドポルトガル
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ失業率、10月は23%に改善(01/23)

ギリシャ統計局(ELSTAT)によると、2016年10月の失業率(季節調整済み)は23%となり、9月から0.1ポ…

続きを読む

「EU離脱で対英投資に遅れ」 財務相が影響認める=ダボス会議(01/23)

ハモンド財務相は20日、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)のパネルディスカッションで…

続きを読む

【今週の主な予定】1月23~27日(01/23)

◇1月23日(月) ・ドイツ連銀月報(ドイツ) ・ブックメーカーのパディーパワー・ベットフェア営業報告…

続きを読む

スウェーデン、人口が初の1千万人突破(01/23)

スウェーデン統計局(SCB)は20日、同国の人口が初めて1,000万人を突破したと発表した。死亡数から出生数…

続きを読む

ハンガリー平均賃金、11月は8.2%上昇(01/23)

ハンガリー中央統計局(KSH)は20日、2016年11月の名目平均賃金が額面で28万5,772フォリント(986ドル)…

続きを読む

EU、アマゾンとアップルの契約是正を歓迎(01/23)

欧州委員会は19日、米オンライン販売大手アマゾンのオーディオブック配信事業オーディブル(Audible)が、デ…

続きを読む

H&Mやザラ、豪での売り上げ好調(01/23)

ファストファッションで世界2位のヘネス&マウリッツ(H&M、スウェーデン)、ファストファッション世界…

続きを読む

公共交通運賃、世界一高いのはロンドン(01/23)

公共交通機関の運賃が世界で最も高いのはロンドン――。引っ越しサービスを手掛ける独モビンガ(Movinga…

続きを読む

EU法務官、英国とジブラルタル一体視(01/23)

欧州司法裁判所のシュプナル法務官は19日、欧州連合(EU)の単一市場に絡むルールの適用をめぐり、英国と…

続きを読む

【EU規制ウォッチング】第100回:2016年12月26日~2017年1月8日(01/23)

【情報・通信・エレクトロニクス】 ◇ボーダフォンと米リバティ、蘭事業統合が完了 英携帯電話サービス大…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン